風鈴

猫 サイエンス 哲学

休暇

日記らしいblogを書いてみようと思う(自分なりに新しい試み)。
f:id:natsukiss:20170726222535j:plain

上司が長靴の中にジーンズの裾を入れるタイプのブーツインしている夢を見た。「お洒落だろ?」ってあまりに得意気だったから「残念ですね」ってつっこめないまま目が覚めてしまった。私も残念である。

有給休暇だったのでずっと気になっていたけど休みの度にやる気が失せて先延ばしにしていたことを片付けた。ひとつはモバイルルーターの解約手続き。もうひとつはコンタクトレンズの処方。前者は結局、8月1日以降に手続きすれば無料だということで再び先延ばしになった。受付の女性が知的な喋り方をするタイプで、つられてこちらも賢そうな喋り方をしてしまう。私は染まりやすいのだ。よくもわるくもわるくもよくも。

それにしても眼科、平日ならすいているかという目論見が外れ、待合室の席が足りないほどの盛況だった。受付を眺めていると8割くらいが眼鏡かコンタクトレンズのために来院している感じ。待機と診察と検査でトータル90分ほどかかったのでやはり平日に来てよかったのかもしれない。休日がこれより速いとは思えない(酸っぱい葡萄)。

ここの眼科はこの混雑に対応するためか、待合室の座席間隔が狭い。真冬にダウンコートを着た乗客同士が押し込められた満員電車くらい狭い。それから検査用の椅子が会社の実験室で使用しているものと同じで親近感と嫌悪感が混在する不思議な気持ちが沸き上がる。しかし今回は椅子が特徴的であるからたまたま気づいただけで、本当はこれまでも床材とか壁紙とか蛍光灯の長さみたいなものが実験室と同じ仕様なのに気づかなかっただけなのかもしれないんだ、椅子のことなんかもう放っておけという心の声を聴きながら検査を受ける。「上です。うーん、右?わかりません」
右0.15、左0.2。乱視から近視に昇格?した。コンタクトレンズの金額が少し安くなるのはありがたい。

帰りにスターバックスに寄った。
たぶん5年ぶりくらいにフラペチーノを注文したのだけれど、提供できるまであと30分くらいかかると云われたので結局いつも注文するチャイティトールサイズオールミルクエキストラホットの呪文を唱える。フラペチーノの対極感ある。

昼ごはんを食べ損ねたので、おやつにTwitterでみかけた禁断のレシピをついに実現してしまった。
今回はキムラヤさんのノーマルタイプで試してみたけれど、チーズ蒸しパンで是非ともやってみたい。

悪くない休日。

広告を非表示にする