風鈴

猫 サイエンス 哲学

回転数

最近は手入れが必須で面倒な小物を増やすことにしている。短いスパンで買い替えるようなアイテムへの興味が薄れて来たのだと思う。昨日はよい靴を買った。オイルレザーのショートブーツ。
おろす前にブラシをかけてクリームを塗り、防水処置をした。待ちきれなくて今日履いて出たのだけれど、よいね。軟らかく包み込むような風合い。生き物の気配。
私は履いてゆく靴を決めてからコーディネートを決めることがよくある。靴のお陰で着こなしのバリエーションの拡がりが増えるように思う。
一方、バリエーションを減らすために、そろそろ手放そうと考えている靴もある。なかなか物を棄てられない気質は少しずつではあるが、変わりつつある。



雑多な感情が行き交うSNSを少しの間眺め、そして閉じた。
消費される時間と削られる感情。
人は過去を積み重ねてきたその先に解釈を構築する。


人生をドライブするために本を読む。議論する。愛し合う。感情を動かし己れを改変し、日々生まれ変わる。回転数を上げて疾走。能動的であれば取り込むデータの量は増えるだろう。しかし。
リバネスの丸さんが言っていた「同じデータを見たとしても、人によって見え方は違う。それまで積み重ねたものによっては筋道が見える人もいる」という言葉を噛み締めている。
ただデータが増えればよいというものではない。
道筋を見るのだ。
点と点を繋ぐ線を見つけて意味を見いだす。そのために疾走している。

f:id:natsukiss:20171218195749j:plain
今年は玄関に、リースの代わりとしてこのサンタ熊をぶらさげた。
開ける度にゆらゆらり。いってきます、おかえりなさい。ゆらゆらり。

広告を非表示にする